ブログ

331

ヘッドライト単品での点灯ができないため非常にさっぱりとしたご紹介になります。

N-WGNカスタムのヘッドライトの塗装と点灯範囲の変更をご依頼いただきました。



塗装はスモール点灯時に発光する場所のメッキをスモークメッキに変更しました。
光量が極力落ちないように、かつ車両全体をブラックアウトするカスタムに合わせた
違いが出る黒さというご依頼です。

同じお車のオーナー様だとわかると思うのですが...いかがでしょうか?



点灯範囲の変更は「コ型」に点灯するスモール部分の上の横ラインをなくして
「L型」に光るように内部を加工しました。
こちらは構造的に可能でしたので、後から元に戻したいというご要望があっても
対応できるような形で作業を行いました。

県外からのご依頼ですので残念ながら今回はお車を拝見することができませんでした。
またお会いする機会があれば撮影をお願いしたいと思います。



いつも開発車両の販売をお願いしているcool street motorsさんにて展示販売をしていたN-BOXカスタムが
ご成約いただき新しいオーナー様のもとへ旅立っていきました。
当店のLEDパーツをすべて取り付けたGR86は引き続き販売中です。


過去に作成したテールランプを掲載しているブログをご覧いただいた方から
テールランプの加工をご依頼いただきました。

ブログ[2019.09.17]

同じようなデザインをご希望されておりますが、全く同じではご相談いただいた方と
以前ご依頼いただいた方も面白くないだろうと考えお客様に希望を御伺いしました。

仕上がったテールランプがこちらです。

ブレーキ/スモール共にメインの面発光部が点灯、スモール時に上側に追加LED、
ブレーキ時は従来通りリフレクターで光を集光して点灯します。
















本日はVNレヴォーグのテールランプの取り付けで愛知県からお客様にご来店いただきました。

ブレーキ連動機能に関して考えていることがあった中、タイミングが良かったので
モニター様になっていただくことができました。

利便性の良い追加部品だと思いますので追ってご紹介したいと思います。


で、タイトルの件に戻ります。

VNレヴォーグのテールランプを共同開発させていただいたアクシスパーツさんからの
ご提案でクロストレックとインプレッサのテールランプの開発を進めています。
まだ少し先になりますが、冬~来春の発売に向けて打ち合わせをしていますのでご期待ください。





※デザインは試作に向けたイメージのため今後変更します
ヘッドライトに不点灯回路があり、過去の事例から
内部配線の不良が怪しいとのことでご相談いただきました。
富山県内の業者様からのご依頼です。

ヘッドライトを分解して取り出したハーネスがこちらです。



保護膜のあらゆる場所がパリパリに割れています...
灯火類が作動しないだけで済んでよかったという状態です。



車種によっては交換用ハーネスが出ているようですが、
このカイエンには該当する部品がないようでしたので手作業でコツコツ交換を行いました。

すべての配線を差し替えて、きれいにまとめて完成です。






結果的にバラストも破損していたようなのでこちらも交換、
コーディングをしていただき無事復旧となりました。

忙しさにかまけてブログが放置状態になっていました。

前回以降、あまりネタが増えていませんが少しずつアップしていきます。

(おそらく150系だったと思います)
オーリスにお乗りのお客様から日中のメーターが見にくいということで、ご相談をいただきました。
同じ富山県にあるリワークスさんからのご紹介です。




作業内容はLEDの打ち替えと、エンジン始動時の自動点灯への変更です。

まずはLEDの打ち替えです。
純正の控えめなオレンジ色のLEDを視認性の高い白色のLEDへ交換しました。
これでメーターがすっきりとした白色に光り視認性が良くなりました。

さらに夜間しか点灯しないスモール連動から、エンジン始動時に自動的にメーターが点灯する
「イグニッション連動」へ変更して日中の視認性を改善しました。


お客様のご希望はもっと明るく光るメーターではないかと不安もありましたが、
車両をお渡しする際に「希望通りの仕上がりになっている」と評価をいただきホッとしました。


日中のスマホで撮影したのでわかりづらい画像ですがこのような仕上がりです。
(上:消灯 下:点灯)



先日「デイライト用減光ハーネス」「全灯化ハーネス」「純正加工LEDリフレクター」を取り付けたヤリスクロスです。
再度お預かりして追加加工を行いました。

今回の作業はテールランプのセンターガーニッシュへのLEDの取り付けです。

純正テールランプに合わせた明るさや色合い、ムラのない発光になるよう樹脂パネルをレーザー加工で作成し、
使用する部品もしっかりと選定しました。
DIYでテープLEDを横から挿し込むという方法もあるようですが、価格に見合う自然な仕上がりではないかと思います。

商品ページは近日中に作成する予定です。











シビック用パーツ2点の加工をご依頼いただきました。

まずは黄色レンズのサイドマーカーのウインカーポジション加工です。

純正サイドマーカーに接続できるハーネスを作成して、
ウインカー作動時に点滅する機能を追加しました。

市販のLEDバルブを引き続きご利用いただける設計になっています。






続いて無限のテールランプ加工です。

ダミーレンズ部分にリアフォグ機能を新設しました。

しっかり明るめの点灯を希望されていたので通常の加工より多くのLEDを使用しています。

LED基板が見えないようにするためにインナーレンズへブラスト処理を行いました。
消灯時に従来より白っぽくなりますので、必要に応じてスモークフィルムを
貼っていただくようお伝えして納品となりました。






おまけ

E52エルグランドのヘッドライトトラブルでご相談いただきました。

事故修理でヘッドライトを交換が必要になり、ヤフオク!で
塗装済みヘッドライトを落札されたそうです。

見た目は問題なかったのですが、HIDバルブを移設するとなぜか暗い...

プロジェクターのリフレクターがおかしいのでは?ということで
事故で取り外したヘッドライトを含む2セットをお預かりしました。

分解してみると塗装済みヘッドライトのリフレクターに焼き付きがありました。



2セットのヘッドライトから使える部品をニコイチして完成です。

オークションやフリマサイトのパーツは当たりはずれがあります。
もちろんすべてが粗悪品ではありませんがくれぐれもご注意ください。


方々からご依頼いただいている30系プリウスのヘッドライト修理です。

純正のLEDポジションが半分不点灯になることが多く、
車検の際にご相談いただくことが多い作業です。



念のため左右ともに施工した方が安心ですが今回は左側だけご依頼いただいています。

純正のLED基板を除去して日亜LEDを新設、電流を制御する抵抗も純正は流用せず作成しています。

レンズがくたびれているので少々わかりにくいですが完成です。





レガシィはLEDリングを取り付けた加工済みヘッドライトから部品移設のご依頼です。



レンズの劣化と事故によるユニットの破損があります。
劣化している純正部品はディーラー様供給部品へ交換、LEDリングは制御回路が見当たらず
12Vを流すと破損してしまうような構成だったためLED関連部分を再作成しました。






おまけでヤリスクロスの延長テールランプのチラ見せです。

目視では色味や明るさに違和感はなく良い感じに仕上がっていると思います。

ハーレー正規品の赤色ウインカーユニットの打ち替えをご依頼いただきました。

このパーツは黄色ウインカータイプも純正部品として供給されているようですが、
打ち替えの方が安価ということで作業を行いました。

(純正部品は記憶では8万円ほどで、この作業は33,000円です)

内部の画像がないのでごちゃごちゃ書いても全く伝わりませんが、LED基板をユニットから
取り外すことが非常に難しい構造だったので、純正基板を残して上に新設する方法を取りました。
LEDの位置出しを正確に行い、加工前と比較しても見劣りしない仕上がりかと思います。








続いてタイトルにもあるレヴォーグのご案内です。

今までは「新品ベースの完成品」「中古ベースの完成品」「お持ちのテールランプを加工」の
3パターンをご用意していました。

これに「中古ベースの完成品」をお買い上げいただき、「外したテールランプを下取りする」という
メニューを追加しました。

・加工中にテールランプがないと困る
・余った純正テールランプが邪魔

このような場合にご選択いただきますと、よりスムーズに安価で
LEDテールランプを装着できるようになります。

すでにテールランプを購入済みで、不要な純正テールランプが手元にある方や、
新品ベースを購入して下取りに出したい方はお問い合わせフォームからのご連絡をお願いします。
80系ヴォクシーのオプション「シグネチャーイルミブレード」の打ち替えをご依頼いただきました。

このカスタムは人気があり、多くの方が施工されている定番の加工のようです。
今回のお客様は他の方の施工例を参考にされて「8000K」という指定をされました。

お客様のご要望を詳しくお伺いすると、他のLEDパーツとの色合わせが目的だとのことでした。
そこで、複数の色温度のLEDを用意して作業前に試験点灯を行いました。



画像だけでは判断しにくい部分もありますが、お客様との打ち合わせをして「10000Kの方が理想に近い」となり
一番黄色味の少ない10000KのLEDに打ち替えることとなりました。





作業前後で比較するとこのような色合いです。




お届け後に装着画像をいただきましたのでご紹介します。

お客様からは「理想通りの白色」というお言葉をいただきました。
この度はご依頼いただきありがとうございました。










東京から北陸にお越しになられるついでにLEDパーツの取り付けをご依頼いただきました。

パーツは事前に作成し、1泊2日でお車をお預かりして作業を行いました。

ハイマウントストップランプはヴァレンティさんのテールランプに見劣りしないようにという
リクエストをいただき、LEDを敷き詰めた仕様で作成しました。

リフレクターはライダー用の円形タイプです。









この度は遠方からご来店いただきありがとうございました、
定番の赤ウインカーのLED加工です。

テールランプの形状から最適な方法を検討して、反射板部分へのLED基板設置を行いました。

「面」としては狭いスペースですが奥行きがあったので比較的容易に加工ができるテールランプだと思います。









ハイフラ対策用の抵抗も左右に1個ずつカプラーオンで組み込んで簡単取り付け、の予定でしたが
純正のウインカーが21Wバルブ2個のため2個必要だったようです。
車のプロの方のお車なので、不足分をご自身で追加していただき完成となりました。

一緒にご依頼いただいたメーターの液晶の接触不良は原因と思われる箇所を指定していただいて再ハンダを行いました。
詳しいことはわかりませんが、この車両によくある症状のようです。



立て込んでいた加工のご依頼が一通り終わったのでブログ再開です。

以前から加工してみたかったヤリスクロスの加工をご依頼いただきました。

本日のメニューはこちらです

・デイライトの夜間減光点灯
・テール全灯化ハーネス
・純正加工LEDリフレクター

デイライトの仕組みは単純でしたが、すべての機能を維持したままの減光点灯は思いのほか大変で
なかなかボリューム感のある部品構成になってしまいました。
とはいえ、製品として遠方へお届けできるキットにできましたので満足です。



一方、テール全灯化ハーネスはトヨタのLEDバルブに対応したカプラーがないため
来店限定の製品になりそうです。
車両からカプラーオンで外せるけど取り付けには車両側の配線加工が必要という感じです。

LEDリフレクターは運転席でのライト点灯操作でON-OFFの切り替えができる汎用製品の
設計・試作を開始しました。

以前から頭の中にはあったのですが既存製品との兼ね合いで躊躇していた製品です。
LEDリフレクター以外の需要もありそうなので夏中の発売に向けて進めています。



今回はスケジュールの関係で間に合いませんでしたが、テールランプの延長加工もご依頼いただきました。
純正テールランプとのバランス確認もできたので煮詰めていきます。

デリカミニのブログはこれで一旦終了です。


作業がすべて終わったので、販売へ向けて車両が引き上げられて行きました。



この車両は本日からLEDコンプリートカーとして販売されます。
当店で販売しているパーツをすべて装着したお得な1台です。
興味をお持ちの方は下のバナーから詳細をご覧ください。




続いて加工したパーツのご紹介です。

市販品の組み込みを検討したグリルマーカーはちょうどいい部品もなかったのでハンドメイド加工で仕上げました。
樹脂素材の特性を見極めて作業し、違和感なく仕上げることができたのではないかと思います。

デリカミニ LEDグリルマーカー


ヘッドライトは簡単な動画も撮影しました。
明るいデイライトだけではなく、ウインカーの点滅が終わった後のふわっと点灯するところもポイントです。

デリカミニ LEDヘッドライト ウインカー

デリカミニ LEDヘッドライト ウインカー

デリカミニ LEDヘッドライト ウインカー




そして今日正式発表の40系アルファードとヴェルファイア、カタログと申込書が届きました。
申し込みが多いと抽選になるようですがはたして...








手間取るところが少ないため非常にスムーズに作業が進み、連日投稿です。

ヘッドライトの強発光デイライトとウインカー移設の点灯試験まで無事進みました。
あとは配線の取り回しと防水処理で完成なので来週には金額などもご案内できそうです。

2枚目:強発光デイライト
3枚目:スモール点灯

画像では明るさが表現できていませんが、日中でもはっきり視認できる
明るいデイライトに仕上がっています。

デリカミニ LEDヘッドライト ウインカー

デリカミニ LEDヘッドライト ウインカー

デリカミニ LEDヘッドライト ウインカー



平行して純正グリルへのグリルマーカー組み込みも検討中です。





モニター様募集のご案内

MK53S スペーシアカスタム 後期 / MK33V スペーシアベース

製品:デイライト化ハーネス

現在販売しているハーネスが適合しないようですので
実車検証をさせていただける方を募集しています。

製品試験後、適合製品を無償で取り付けたまま車両をお返しします。

作業期間は長くて半日ほどの予定です。
万が一、製品のご提供ができなかった場合はお礼として別の製品をお渡しします。

上記車両で当店までお越しいただける方がおられましたら
お問い合わせフォームよりご連絡ください。
比較的スムーズに作業が進んだので早速デリカミニ用LEDパーツの販売を開始します。


デリカミニ LEDヘッドライト

ヘッドライトのデイライト化ハーネスは純正光量での点灯です。

このあとに、ヘッドライト加工バージョンも設計しますので
より明るいデイライトなどをご希望の方は追加のご案内をお待ちください。



LEDリフレクターはテールランプ方向への配線の引き込みが難しいため
トランクの底面から車内に配線を引き込む必要がありました。

簡単ではありますが、作業時の画像を掲載していますので下記ページでご確認ください。
作業方法掲載ページ

60系プリウスの作業が終わったちょうどいいタイミングでデリカミニが入庫しました。

本日から早速、製品開発を進めたいと思います。





プリウスは車両をお借りしたcool street motorsさんの店頭で販売されているので
興味がある方は下のバナーからぜひご覧ください。

デリカミニも製品開発が終わりましたらすべて装着した状態で販売されます。

新型プリウスのパーツ作成がすべて完了しましたので商品ページを公開しました。

誤植やわかりにくい点がありましたらお問い合わせフォームからご連絡をお願いします。


ヘッドライトはユニット背面のスイッチで純正LEDウインカーへの切り替えができます。





ドアミラー/テールランプもモード切り替えスイッチをオプションに設定しています。
ドアミラーウインカーは「流れる=車検不可」と判断される店舗もあるようなので
スイッチがあると安心です。





シーケンシャルウインカーの点灯動画を作成しましたのでよろしければご覧ください。



お客様からご依頼いただき特注品として作成しました。

電源取り出しハーネスはLEDリフレクターとカプラーで接続できるように
パーツの距離をお伺いして配線の接続作業がない形で作成しています。

同一品、またはどちらか一方をご希望の方がおられましたら
商品ページを作成しますのでお問い合わせフォームからご連絡ください。






3月からお預かりしていた60系プリウスの加工がやっと終わりました。
ヘッドライトの検討・加工で時間がかかりましたが一息です。

台風が来ているので天候を見ながら洗車・撮影をして納車です。