ブログ

227

ハイラックスの開発が完了しましたので新商品を発売します。

デイライト化ハーネスは予定通り強発光機能を搭載し、安全性の高いデイライトになります。
ライト点灯時は自動的に純正光量まで減光されるので保安基準という点でも問題ありません。
不要な際はデイライト機能をOFFに切り替えることもできます。
(取り付けはカプラーオンですが、カプラーが少々硬いので寒いこの時期には大変かもしれません)

オープニングライトハーネスはヘッドライトが連動時に少しチラつきますがキーレスに連動して
スマートに点灯します。
ショッピングモールなどで車両が識別しやすいとか?

テール全灯化ハーネスは純正復帰機能付きモデルのみを作成し直販専用品としました。



年末年始は電話対応をお休みしますが原則毎日ご注文商品の出荷を行います。
ご質問などはお問い合わせフォームをご利用くださいませ。
いつものcool street moros様より車両をお借りしてデータ取りを行っています。
(この車両は開発した製品を取り付けた状態で販売されるのでオトクです)

ヘッドライトカプラーが前期と異なるタイプを使用しているため
専用品としてデイライト化ハーネスを作成します。
今回も海外使用では標準装備になっている[強発光]になる予定です。

前期ヘッドライトの方が個人的には「それっぽい」形で好みですが、
後期だとムラのない光り方、好みが分かれるところなのでしょうか。




後期はテールランプもLEDになりブレーキとスモールは別の場所が点灯します。
「テール全灯化ハーネス」を作成できそうですがバックフォグがあるので
保安基準上はNG。
純正復帰モードのみを作り直販限定で販売...少し悩みます。


本日もテールランプのご紹介です。

前回のN-VANと同じ縦型のテールランプで縦方向のシーケンシャルウインカー加工をご依頼いただきました。
ブレーキ/スモールは中央4ブロックのLEDのみとし、スモール用のラインがウインカーになっています。

ウインカーはモード切り替え機能により通常の点滅で使用することもできます。










開発に手が回らずしばらく放置状態になっていました新型車両のLEDリフレクターは
ヤリスクロスなど9車種の登録準備を進めています。
年内には登録を行う予定です。
今年加工を行ったパーツのご紹介は今年のうちに、
特注品としてご依頼いただきましたN-VAN用テールランプです。

純正ブレーキLEDをイメージが変わるように敷き詰めに変更し
反射板部分にも同じLEDを追加しました。






ウインカーとバックランプには高出力のLEDを集光レンズを
通す形で取り付けました。
ウインカーはシーケンシャルパターンにも切り替えることができます。







今年は専門家の予想通り雪が多い冬になるのでしょうか。
ブログを書く前に外に出たら、積もりそうな大粒の雪が降っていました。
デモカーのCX-8はある撮影をしてからスタッドレスに交換する予定でしたが
一歩の差で間に合わず雪の中に...

本日のご紹介はヴィッツの他、30系プリウスと130系マークXのG'sバンパーにも
設定されているデイライトの加工のご紹介です。

1点目はデイライトの光量アップにシーケンシャルウインカーを追加したタイプです。
スモール時の減光や自動消灯、ウインカーの点灯パターン切り替えなどもできます。

制御回路も中に収めているので一見すると配線がぐちゃぐちゃの様に見えますが
しっかりと設計してから作業を行っているのでメンテナンス性もあります。
レンズにはダイヤカットのアクリルを取り付け専用のスモークフィルムで
少し色味を持たせています。








2点目はシンプルにデイライトの光量アップに力を入れた加工を行いました。
ウインカーがないので回路もシンプルに、明るさと耐久性を重視した加工です。








お客様に装着画像をいただきました。
明るい時間帯に撮影されているようですがこのような環境でもしっかりと点灯していることがわかり
目的だった「安全性向上」が出来ているとのことです。










どちらのタイプも同一仕様の加工、別仕様の加工共に承ることができます。
商品ページはありませんのでお問い合わせフォームよりご相談ください。
お客様よりご依頼いただきましたヘッドライトのご紹介です。
以前にも同一パーツの加工を行いましたが今回は特注インナートリムも作成したこだわり仕様です。

純正ポジション部分はLEDを交換・増設しました。
このラインに続くように上部へ延長しました。








インナートリムはウインカー部の枠を分けて全体を金属調塗装で仕上げています。
メッキより少し落ち着いた風合いです。
パーツ単品で撮影できるところに品質へのこだわりを感じていただけるのではないかと思います。




本日はCX-8とN-BOXの近況報告です。
(ちょっと手を抜いてスマホ画像のみです)

CX-8がリワークス社がエクステンデッドテールの開発を行っており近日の発売を予定しています。
今回はLEDMATICSでの販売がありませんので製造販売元に直接お問い合わせください。

有限会社リ・ワークス
 URL:https://re-works.biz/
 TEL:076-466-2721

画像は弊社デモカーでの使用例です。
内側テールランプのカプラーを抜いて一文字風に使用しています。
もちろん純正テールランプをすべて点灯させたままの仕様も可能です。




そしてお隣の新潟兼からデイライトキットの取り付けでお客様にご来店いただきました。






N-BOXは岐阜県よりヘッドライト加工でご来店です。
1週間ほどお預かりして完成後に再度ご来店いただきました。
オープニングライトハーネスでヘッドライトやテールランプがふわっと点灯した際の
印象の良さにも非常にご満足いただき作り手としても大変うれしく思います。






最後にプッシュスタートスイッチの打ち替え画像です。
こちらは別のお客様からのご依頼でエンジンスタート前の赤色LEDを青色へ変更しました。
評判が良ければメニュー化しての完成品販売を行います。






前回のブログから早2か月、ハリアーパーツの多数のご注文があり、他のご依頼もあり、
少々立て込みブログがおろそかになってしまいました。
加工を行ったパーツの画像は撮影してあるので年末に向けて少しずつブログ更新の
ペースアップが出来ればと思っています。

まずはタイトルの通り、ハリアー用テールランプに「すぐに取り付けたい」という方のための
即納在庫を販売するページをご用意しました。
通常お時間をいただいている加工期間がないため購入後すぐに取り付けができます。
ウインカーは一番人気のある「非シーケンシャル」となります。




さらにゲート側にウインカーを延長したいというお声もいただいており、こちらは現在仕様検討中です。
ボディ側のテールランプを先に購入されている方でも、後から追加装着できるような設計での販売を目指しています。


コロナでまだまだ安心できない世の中ではありますがご来店も少々ありました。
N-BOXは車両をお預かりしての加工も承りました。
シーケンシャルウインカーテールランプは変わらずの人気です。
車両から外したドアミラーウインカーを加工し、LEDリフレクターも純正加工で揃えた車両になりました。






N-BOXはテールランプの即納完成品を販売しています。
が、ベースが新品なのでテールランプ自体もちょっと高いというお声をいただいています。
この部分のコストを落とすために動作確認を行った中古テールランプを使用した
完成品を販売することを検討しています。

また、さらに部品価格の高いヘッドライトでも中古ベースでの完成品販売を検討しています。
こちらは複雑な仕組みになっているため車両がないと各機能の動作確認ができません。
LEDMATICSではデモカーを使用してパーツの動作確認を行えますので
この点も安心して購入いただける要素になるのでは?と思っています。

年内には何らかの続報をブログでご案内できる予定です。
大変お待たせしました。
新型ハリアー用パーツの販売準備が整いましたので本日より販売を開始します。

まずは多数お問い合わせをいただいているテールランプです。



テールランプをシーケンシャルウインカーにしたら前と横も、という方にはヘッドライトとドアミラーもご用意しています。
フロントはデイライトも作成しました。



定番のテール全灯化ハーネスは純正復帰機能付きモデルもあります。
カプラーオンに執着せず、取り付けしやすさを重視しました。



LEDリフレクターは標準的なタイプのほか、テールランプとの併用を想定したタイプも作成しました。



キーレスでドアを開けた際にヘッドライトとテールランプが光るオープニングライトハーネス、
一見すると地味ですが、便利なだけでなく非常にかっこいいです。



最後に便利アイテムのLEDラゲッジランプ。
夜間のトランクにある荷物の出し入れに重宝します。
画像内のケースで明るさをご確認ください。



ハーネス類は十分な在庫を作ってあるので完売することはないと思います。
テールランプの反響が未知数ですが多数ご注文をいただくとお届けまでにお時間をいただくことになります。
お待たせしないよう努めますが、少しだけ余裕をもってご注文ください。
新型ハリアー開発の合間のブログアップです。
社外品も販売されている車両のようですが、もろもろのコストを考え純正品をお預かりして
カラーチェンジができる加工になりました。

リングの前面にレンズカットのあるアクリルを設置して
純正ポジション部分とのバランスを取っています。
消灯時もリング素材が見えなくなるので自然な仕上がりです。

今回はご依頼主様のご要望で市販品を組み合わせて加工を行いました。
このような通常行っていない加工、ウェブサイト上に掲載されていない加工も
お受けできますので「車両に対応したパーツがない」という方もご相談ください。

このヘッドライトは2か所のLEDを個別にカラーチェンジ、ON-OFFができるようになっています。












新型ハリアーの方は本日開発予定のパーツをすべて車両に取り付けました。
シーケンシャルウインカーの有無など好みが分かれ、方々で熱く議論が
交わされているようです。
LEDMATICSでは選択肢の一つとしてパーツ加工をご提案しています。
利用する・しないはもちろんオーナー様の自由です。
もしお気に召すパーツがあればぜひ弊社をご利用ください。
(つまり気に入らないからと言ってあまり叩かないでいただければというお話です笑)

ただいま画像の撮影・販売ページの作成を行っています。
発売まであと少し、お待ちください。
発売予定時期未定というご案内をしておりますが、日々お問い合わせをいただいておりますので少しだけ続報です。

1.テールランプの発売時期

現時点では9月上旬ごろを予定しています。
現在加工を行っているヘッドライトが仕上がり次第、まとめて販売を開始します。
当WEBサイトの商品ページアップとブログ公開が最新情報です。

2.その他パーツ

LEDリフレクターは反射板部分のみの加工、ウインカー移設に合わせたウインカー部差し替えバージョンの
販売を予定しています。




シーケンシャルドアミラー・ラゲッジランプは完成しています。







その他、全灯化ハーネスとオープニングライトハーネスも少しずつですが量産を行っています。
販売開始時には即納できる体制になっている予定です。

「テールランプだけでも先に欲しい」というお声もありますが大型パーツの加工は一人で行っておりますので
受注をしてしまうと開発の手が止まってしまいヘッドライトの公開が大幅に遅れてしまいます...
すべてのパーツをしっかりとメニュー化した上で販売を行いますのでもうしばらくお待ちくださいませ。
コロナがなかなか落ち着かない中の連休、みなさまはどのように過ごされましたでしょうか?
LEDMATICSではいただいているご依頼パーツの加工と新型ハリアーの開発を行っていました。

新型ハリアーはヘッドライトを除くパーツの開発が終わりました。
ヘッドライトは分解して日々加工方法を模索していますが「これだ!」という加工方法がなく苦戦しています。
シーケンシャルウインカーを取り入れたいですが「純正より良い」と感じていただけるだろうという根拠がなく...
お預かりしている車両なので時間に限りはありますが引き続け検討します。

今日のご紹介はモデルチェンジ前のハリアーのテールランプです。
ウインカーを延長してゲート側から流れる配置に変更しました。
テールランプの内部のパーツも塗装して一体感を出しています。

テールランプのみの連動になりますがオープニングライトハーネスの動作確認を行いました。
後日発売の予定です。





■営業時間変更のご案内
本日2020/8/19の営業は17時に終了します。
明日以降はいつも通りの19時閉店です。
現車を見て違和感を感じる方が少なくなさそうなリアのウインカー、
これをテールランプに移設する加工を行っています。
すでに光量や赤レンズの透過具合に問題ない構造になりました。

シーケンシャル点灯も問題なく機能しています。

他のパーツ設計があるのでメニュー化しての受注はまだ先ですが
興味のあるオーナーのみなさま、続報をお待ちください!




販売ページはこちらです


先日発売された新型のハリアーを富山の[cool street motors]様からお預かりしました。




ヘッドライトはデイライト部がウインカーに切り替わります。
ここをシーケンシャルにするとなると、外側だけをウインカーにして内側を白色のまま
保持したいのですがどのような回路になっているか要確認です。




ドアミラーは見たことがありそうな形状です。
アルヴェルやRAV4とは違うパーツのようです。




問題のテールランプ!
なんとしてもウインカーを上に上げたいです。
レンズは光量があれば黄色を透過しそうです。
(赤味が出てしまうようだと頓挫する可能性も...)
今日中に1個だけでも分解して色味をチェックしてみます。








話は変わって先週の日曜日です。
[86 BRZ CAMP]に会場に用意していただいたテントをお借りして参加してきました。
お隣は顔なじみの[モステンモーターバル]さんです。
(単身出展なので知っている人がいると心強い)

天候に恵まれ連日の雨の合間の1日快晴で、どこを見ても楽しそうなオーナーのみなさまの姿がありました。
会期5時間ほどの短い時間にも関わらず日頃の生活態度がたたり帰りは暑さでフラフラです(笑)













ブースには簡単ですが86/BRZ関連のパーツを置いていました。
シーケンシャル加工の純正ヘッドライトとテールランプは展示が終わりストックになっています。
元が高いのであまりお得感を感じてはいただけないかもしれませんがお安く放出しますので
興味のある方はお問い合わせください。
オーダーメイド加工のページもご用意していますのでパーツをお持ちの方はこちらをご利用ください。

[ZN6]商品一覧はこちらです。
加工ヘッドライト等をご利用いただいているお客様からテールランプの加工をご依頼いただきました。
ゲート側は左右対称になる形でバックフォグの移植加工を行っており、そのテールランプとの
併用を想定したボディ側のみのシーケンシャルウインカー加工です。

三角形状に流すと動きがわかりにくいのではないかという判断から
ウインカー部底面のみを発光させる形になりました。
発光部を限定するために内部パーツをアクリル系樹脂で作成し組み上げています。

最後の画像はお客様ご提供のもので発光しない部分にカラーフィルムを貼ってあります。
















イベント参加のご案内

協賛のネッツトヨタ富山(株)GR Garage 富山新庄様にお誘いいただき
下記イベントへの出展を行うことになりました。

[86&BRZ CAMP IN TOYAMA,2020]
開催日 2020年7月19日
開場/閉場 受付開始9:30 / イベント開始10:00 / イベント終了15:00
会場 立山山麓スキー場 極楽坂エリア

https://86brz-camp.net/

当日はシーケンシャルウインカー加工を行った86用ヘッドライト/テールランプを
中心にLEDパーツの展示を行う予定です。

コロナに連日の悪天候と不安はありますが、車好きのみなさまが楽しむ時間に
一役買うことが出来ればと思っています。
LEDパーツに興味がある方はぜひ会場で声をおかけください。
県外のお客様からテールランプを取り付けた車両の画像をいただきました。
やっぱりテールランプ単品の画像より圧倒的にイメージしやすいです。
H様ありがとうございました!








他にもヘッドライトやテールランプなどたくさんのご依頼をいただいています。
皆様本当にありがとうございます。
予定通りの納期でお届けするにはぎりぎりの混雑具合ですが、急がず1点1点丁寧に加工をしてお届けしています。

余談ですが撮影環境を一部改善したので今までより少しきれいに撮影できるようになりました。
これもその道のプロの方の善意のおかげです。
来店できない遠方の方は画像だけで加工品質をご判断いただくことが多いはずなので
少しでもわかりやすく、こだわりが伝わりやすい画像になるよう引き続き日々努力です!









LEDの不点灯があるテールランプの修理をご依頼いただきました。
点灯することもあるので部分修理で直すことも出来そうですが、せっかくの機会なので
ウインカーを車検対応の黄色へ変更する内容でご提案し、ご依頼となりました。

LED基板類をすべて取り外し、耐久性の高い形で作り替えです。

全点灯




ブレーキ




スモール




そして色を変更したウインカー




既存のトリム形状を活かしてLED加工を行うので見た目は加工前と一切変わりません。




このような加工は車種を問わず施工が可能です。
また、ウインカーはシーケンシャル化もできます。
費用や加工方法はパーツによって異なりますので詳細はお問い合わせください。
JF3/4 N-BOXカスタム シーケンシャルウインカーLED加工テールランプ 特注色

LEDMATICSで人気のN-BOXカスタムのテールランプ加工、こちらの特注品をご依頼いただきました。
お客様撮影画像の掲載許可をいただきましたのでご紹介します。

メイントリム
 純正色プラチナホワイトパール(NH 883P)
メッキ部分
 純正色クリスタルブラックパール(NH731P)
スモール部分樹脂
 スモーク塗装
LED基板
 ブラック系シート








ボディ同色のテールランプは境界線があいまいになりがちですが、黒色のフレームで
バランスよく仕上がっています。

純正スモール部分の樹脂への塗装はベタ塗りにすると光量が落ちてしまうので
見せたい色になるよう塗りながらも、部分塗装にして透過性を意識しているところも
こだわりのポイントです。


N-BOXは今年の秋ごろにマイナーチェンジがあるのでは?といううわさが出ています。
発売から3年なのでそろそろなのでしょうか。
N-BOXはLEDMATICSの主力車両なのでうわさ通りにマイナーチェンジがあれば後期車両も用意して
後期パーツの流用などを検証したいと考えています。